肌の汚さをどうにかしたいという人は、タバコを止めてみてはいかがでしょうか? タバコは肌荒れを起こす原因になるので、本気で肌状態の改善をしたいのであれば、禁煙をおすすめします。 タバコが肌に与える影響は、次の2つです。 ・血行が悪くなる ・ビタミンCが奪われる タバコにはニコチンと呼ばれる物質が含まれており、これが体内に入ることによって、血行が悪くなります。 血行が悪くなると肌のターンオーバーを乱してしまうので、肌トラブルを起こしやすくなるでしょう。 また、タバコを吸うと綺麗な肌を作るために必要なビタミンCが大量に奪われてしまいます。 これも、タバコが肌に悪いといわれている理由の一つですね。 タバコを吸うことによって、この2つの悪影響が生まれるので、肌の汚さを改善したい人は、禁煙をした方が良いという訳です。 ただ、禁煙をしたいと思っても、自力ではなかなかできないことも多いですから、禁煙グッズの使用や医師への相談を視野に入れた方が良いかもしれません。